自分に合った勉強をすれば、第一志望合格を勝ち取れます。

高校受験を控える子どもに親ができるサポートは?

2017年09月23日

bd6897fc9ff0af27dbb2c102d58a6f38_s

高校受験を控える子どもを持つ親の皆さんは、「子どもに何かしてあげられることはないか?」「親としてどうサポートすれば良いのだろう」と悩むことがあると思います。

 

高校受験はお子さんにとっても初めての大きなチャレンジなので、何とかできることをしてあげたいのが親心ですよね。

 

ただ、勉強は教えられないし、受験のことはあまり分からないし、どうサポートして良いか分からないという人は多いと思います。

 

勉強のことは教えられなくても、環境や生活の面でお子さんのためにしてあげられることはたくさんあります。今回は、高校受験を控えるお子さんのために、親がしてあげられるサポートについて紹介します。

 

ここで、サポートする上で気を付けていただきたいことを2つお伝えしておきます。1つ目は、決して強制しないということです。親がこうしなさいと言うのではなく、子どもの気持ちや意思を尊重して、それを手伝う形でサポートしてあげてください。

 

2つ目は、何でも“やってあげる”のはNGです。あくまでサポートなので、なるべくお子さんと一緒に考え、一緒に取り組むようにしてください。親が何でもやってしまうと、自分で考えて行動する力がなくなってしまうからです。

家の中で勉強しやすい環境を整える

高校受験の勉強において、勉強をする環境はとても大切です。塾に通っている子は塾の自習室などで勉強することもあると思いますが、ほとんどの場合、自宅で勉強する時間が一番長いと思います。

 

そのため、自宅が勉強しやすい環境になっているかどうかが、受験勉強に取り組む上でとても重要なポイントになります。

お子さんの部屋があり、そこで勉強する場合

「勉強しようとしたけど、机が散らかってやる気をなくした」「勉強していたけど、机にあった漫画をついつい読んでしまった」など、自宅の勉強机が散らかっていることでやる気がなくなってしまったり、集中力が途切れてしまったりすることがあります。

 

まず、勉強机の本棚には漫画など勉強に関係のないものは置かず、必要な教材だけを置いておくようにしましょう。また、机の上の教材などは勉強が終わったときにその都度片づけて、いつでもきれいな状態をキープしましょう。

リビングやダイニングで勉強する場合

リビングで勉強するのは良くないイメージがある人もいるかもしれませんが、人によっては自分の部屋よりも集中できる場合があります。その理由は、適度な雑音がある方が集中できるという理由や、人に見られていることがやる気が上がるなど、さまざまです。

 

お子さんがリビングで勉強する場合、勉強している間はテレビを付けたり、電話でおしゃべりしたりせず、話し声のない環境を作ってあげましょう。また、できれば親御さんも本や新聞を読んだり、パソコンで作業をしたりして、静かな環境で一緒に過ごすようにすると、やる気が高まります。

生活リズムを整えるサポートをする

高校受験の勉強をする上でもう一つ大切なのが、生活リズムです。夜更かしや寝不足が続くと、勉強の効率が落ちてしまいます。

 

夜遅くまでゲームをしたりテレビを見たりして夜更かしをしないように、ゲームやテレビの時間を決めるなどして、早寝早起きを促しましょう。生活リズムを整えることで、勉強のスケジュールも立てやすくなります。

 

また、勉強する時間帯も重要なポイントです。早朝はもっとも勉強がはかどる時間と言われています。それは、寝ている間に脳の情報が整理されるからです。そのため、早朝の時間はなるべく勉強に充てるようにしましょう。

勉強のお手伝いをしてあげる

勉強を直接教えることはできなくても、“勉強のお手伝い”ならできます。勉強のお手伝いと言っても、丸付けをしてあげたり学校の宿題を手伝ってあげたりすることではありません。

 

例えば、自宅で勉強にあまり集中できないときなどに、英単語のクイズを出してあげたり、社会や理科などの一問一答クイズを出してあげたりといったことです。

 

一人ではなかなか集中できないときも、このように親御さんがクイズ形式で問題を出してあげることで時間を無駄にすることがなく、印象に残りやすくなるので効果的です。

 

これをするときは、できれば普段から勉強の様子を聞いて、どのあたりが苦手なのかを把握しておいてください。

塾などのサービスを探してあげる

高校受験の勉強をする上で、自宅で一人で勉強するのはなかなか難しい場合もあります。そういう場合に、お子さんに合った塾などの教育サービスを探してあげることも、親としてできることの一つです。

 

ただし、無理に塾に通わせるのは逆効果です。いやいや塾に行ってもやる気が出ませんし、やる気がない状態では成績も上がりません。お子さんの希望も聞いて、なるべく本人が前向きに塾に通えるようにしてあげてください。

 

やる気を上げる方法としては、塾の無料体験学習が効果的です。プロの学習アドバイザーがお子さんをうまくやる気にしてくれるので、無理やり説得して通わせるよりも、前向きに勉強に取り組むことができます。

 

塾の選び方については別の記事で紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

まとめ

以上、高校受験を控えるお子さんのために、環境や生活などの面で親ができるサポートについてお伝えしました。

 

お子さんの将来を決める大事な高校受験、良い結果になるようにお子さんをサポートしてあげてください。

 

ただ、1つ気を付けていただきたいのが、心配しすぎるがゆえに余計な言動をしてしまい、お子さんにとって親がストレスになってしまう場合があります。親がストレスになってしまっては、自宅で集中して勉強するのも難しくなってしまうこともあります。

 

その原因や対処法については次の記事で詳しく説明しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP