自分に合った勉強をすれば、第一志望合格を勝ち取れます。

塾に行かないで高校受験を乗り切れる?

2017年09月11日

塾に行かないで高校受験を乗り切れる?

中学3年生になり、「そろそろ高校受験に向けて勉強しなくちゃいけないな~」とぼんやり考え始めたとき、“塾に行くか行かないか”というのは悩むポイントですよね。塾に行かないと志望校に受からないのではないかと不安に思う反面、塾代も安くないし、独学で志望校に受かるならその方が良いんじゃないかという気持ちもあると思います。

 

「頭が良いなら塾に行かなくても良い?」「県内トップの上位校を目指すなら塾に行くべき?」など、塾に行くか行かないかを考える基準が人それぞれあると思います。

 

しかし、塾に行かないで大丈夫かどうかの判断は、単純に頭が良い・良くないでは片づけられません。塾に行かないで高校受験を自力で乗り切れるのかどうかは、あなたの「志望校のレベル」「現状の学力」「性格のタイプ」「勉強法」など色々なポイントから慎重に判断する必要があります。

志望校のレベル

現状の学力にもよりますが、あなたが目指している志望校が公立高校であれば、上位校でも中堅校でも塾に行かないで、自力で合格することは不可能ではありません。なぜなら、公立高校の入試問題は、上位校・中堅校などのレベルに関わらず、すべて教科書の中から出題されるからです。

 

教科書の内容が完ぺきに理解・暗記できていれば、あとは過去問で入試問題の傾向をつかみ、問題に慣れるだけなので、塾に行く必要はありません。

 

では、私立高校の場合はどうでしょうか。

 

私立高校の場合も、灘高校や開成高校などの一部の上位校・難関校を除けば、入試問題は教科書の範囲内で出題されるため、塾に行かなくても自力で受験勉強をすることは可能です。

 

灘高校や開成高校などの上位校を目指す場合は、出題される問題が中学校の教科書レベルをはるかに超えているため、塾に行かないで自力で合格するのは難しいと思います。

 

私立の上位校に合格するには独自の対策が必要になるため、上位校の対策を行う専門の塾に通うことをおすすめします。

現状の学力

塾に行かないで高校受験を乗り切れるかどうかを考える時、単純に、頭が良いから塾に行かないで大丈夫と判断するのは間違っています。

 

正しい判断のポイントは、高校受験に必要な知識が頭に入っているかどうかです。

 

さっきも書きましたが、私立の上位校を除くほとんどの高校の入試問題は中学校の教科書の範囲内で出題されます。そのため、今あなたが教科書の内容が理解・暗記できているのであれば、塾に行く必要はありません。

 

反対に、今あなたが「学校の授業についていけていない」、または「前の学年の学習内容で分からない部分がたくさんある」という状態なら、塾に行かないで高校受験を乗り切るのは難しいかもしれません。

 

3年生の夏休み以降は、今までの学習範囲は完ぺきにした上で、今までの総復習に取り掛からなければなりません。授業についていけていない、もしくは前の学年の内容に抜け漏れがある状態では、そもそもつまずいているところからのやり直しが必要になるので、とてもじゃないですが、独学で受験勉強に取り組むことはできないでしょう。

 

また、学校の授業についていけていない生徒が塾に行く場合、塾選びにおいて気を付けなければならないポイントがあります。塾選びを間違えてしまうと、高いお金を払って通っているのに成果が出ないまま高校受験を迎えてしまうという最悪の結果に…

そうならないためにも、次の記事で塾の選び方をチェックしてみてください。

勉強法

次に、あなたの今の勉強法から、塾に行かないで独学で乗り切れるかどうかを考えてみましょう。

 

あなたには自分なりの勉強方法がありますか?

ある場合、それが効率的な勉強法だと自信を持って言えますか?

 

勉強法が分からない、今の勉強法で成績が上がらないという人は、独学で勉強するよりも塾などの学習サービスを利用した方が良いかもしれません。

 

また、塾に行くメリットとして、塾から与えられるカリキュラムや計画に沿って学習することで一定の成果が出るようになっていることが挙げられます。

 

勉強の計画の立て方が分からなかったり、何に取り組めば良いか分からなかったりする場合も、塾に行くことをおすすめします。

性格のタイプ

次に、塾に行かないで高校受験を乗り切れる生徒の性格のタイプについて見ていきましょう。

あなたは次のチェック項目でいくつあてはまるものがありますか?

 

・集中力がある方だ

・気分に左右されずにいつでもやる気をもって取り組める

・勉強が好きだ

・どうしても志望校に合格したい

 

当てはまる項目がない場合は、塾に行かないで受験勉強を乗り切るのは難しいかもしれません。塾に行くことのメリットとして、勉強を教えてもらえることの他に、“強制的に勉強させられる”ということがあります。

 

塾に行かないということは、勉強する内容も時間もすべて自分で管理しなければならないことになります。これから受験までの長い期間、自分一人でやる気をもって最後まで受験勉強を乗り越えられるでしょうか?あなたの性格や今までの勉強への取り組み方を振り返って考えてみてください。

 

ただ、志望校への熱意もやる気もあり、受験勉強に一人で取り組む自信があっても、勉強方法が分からないという人もいるかもしれません。そういう人は次の記事をチェックしてみてください。

まとめ

以上、塾に行かないで高校受験を乗り切れるかどうかを、色々な観点から考察してみました。これからの人生を左右する高校受験、塾に行くか行かないかは重要なポイントになります。少しでも不安があるなら、迷わず塾や他の学習サービスを利用することをおすすめします。

 

ただ、塾ならどこでも良いというわけではありません。塾選びに失敗してしまうと、高い塾代が無駄になった上に、志望校にも受からなかったという悲惨な結果に終わってしまうことに…。このように、とても重要な塾選び。そのポイントは次の記事でチェックしてみてください。

 

高校受験に向けて塾に通っているのに成績が伸びないのはなぜ?

高校受験生必見!正しい偏差値の出し方・計算方法
高校受験で第一志望校に合格するために、多くの中学生が塾の指導を受けているかと思います。

高校受験において、もはや塾の指導を受けずに一人で高校受験勉強にのぞむ中学生の方が少ない時代になりました。

ただ、塾に通っていても成績が上がらずに悩む生徒は少なくありません。

塾の高校受験指導を受けているのに、なぜ成績や偏差値が上がらない高校受験生が存在するのか?

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント
お名前 *
メールアドレス *

PAGE TOP